当ホームページ「忠臣蔵会館」へお越し下さり、誠にありがとうございます。
現代ほど、義士の心が人々に理解されなくなった時代は過去にはないのではないでしょうか。忠臣蔵は物語ですが、赤穂事件は史実です。
当会は、政府や他の団体からの補助金は一切受けておりません。会員が支える会です。私たちと一緒に、歴史を紐解く意義ある史実研究活動に参加しませんか。

 会報のページ
 中央義士会の会報を公開いたしました。

イラスト
赤幌牛
中央義士会のこと。 学ぶ。史実の研究。
 ■会の歴史
 ■活動内容
 ■入会のすすめ
 ■全国義士会連合会

 ■全国義士会連合会所属紹介ページ
 ■中央義士会芸能人紹介ページ
 ■今年の大石内蔵助
 ■忠臣蔵図書館
 ■忠臣蔵検定
 ■通信教育
 ■会員研究会

 ■会員のページ
(会員ではない方もどうぞ)
 出版物
 論陣
 ■史実忠臣蔵
  忠臣蔵の史実をまとめた
  ページです
情報・相談・質問を承ります。 交流する。
 ■忠臣蔵110番
 ■過去の質問例
 ■相談員のご紹介
 ■女性の会
 ■忠臣蔵愛好会
 ■掲示板(閉鎖してます)
 ■リンク
出版情報
本の販売は停止しています。再開までしばらくお待ちください。
・「松之廊下刃傷事件の真実
 松之廊下刃傷事件については、テレビ、本などでよく取り上げられますが、正確ではありません。最新の研究結果を元にした史実の松之廊下刃傷事件がここにあります。
・「寺坂吉右衛門最終章
 寺坂吉右衛門逃亡説は、江戸時代から唱えられてきました。しかし、史実は逃亡ではなく、大石内蔵助の命を請けたものでした。長年の疑問を払拭する一冊です。
・「年譜忠臣蔵
 忠臣蔵に関する歴史を年譜形式にしました。これ1冊で史実の忠臣蔵の全てが分かります。江戸初期から現代まで、忠臣蔵研究の座右の一冊です。ご注文はこちらをご覧下さい
「俳諧忠臣蔵」
 赤穂義士が残した詩歌について一冊にまとまった本はこれまでありませんでした。今回、可能な限りの文献を調べ、約500を集めました。忠臣蔵関係の出版としては、初めての刊行です。ご注文はこちらをご覧下さい
・「大石内蔵助ら切腹の地」
 絶版になっていましたが、再版いたしました。切腹場所の旧細川家下屋敷の歴史から、切腹図までの研究成果をまとめています。ご注文はこちらをご覧下さい
・「元禄赤穂事件の記録
 江戸時代の元禄赤穂事件の記録として最も早く書かれたものとして、「易水連袂録」があります。現在注目されている史料ですが、昭和49年に当会の斉藤茂氏によって初めて発刊されましたが、それ以降史料が行方不明になっていました。今回、再発見し、新たな注釈を追加して発刊いたします。
「新大石内蔵助の生涯」改訂版
 三五館から出版されていました「大石内蔵助の生涯」が売り切れ、絶版となりました。この度最新研究を反映し、大幅に史料を取り入れて全面的に改定しました。元禄赤穂事件の教科書とでもいうべき決定版です。発売開始しました。

・「赤穂義士討入り従軍記
 昨年(平成24年)NHK「BS歴史館」で話題になりました、赤穂義士討入り従軍記です。初版の「佐藤條右衛門覚書」は、好評につき売り切れ、新たな発見、佐藤條右衛門と六代将軍徳川家宣との関係や、堀部安兵衛の新史料などを追加した改訂完全版です。(売り切れです)
・「中央義士会の本
 現在中央義士会で扱っている本です。
 中央義士会でも注文をうけたまわっております。

 こちらのページへ
大石頼母助の系譜
 平成24年11月16日に当会より刊行いたしました。浅野家の始祖、笠間から続いた赤穂義士、大石内蔵助の大叔父大石頼母助の系統とは、さらに、幕末に浦賀奉行、江戸町奉行などを歴任した稀代の文人、浅野梅堂とは。ここで初めて解き明かされます。
ご注文はこちらのページへ。

 「赤穂義士の引き揚げ-コミック版-」
 平成22年10月に当会より刊行いたしました。
 「渡辺忠臣蔵」と「反論忠臣蔵」
 平成21年10月23日に当会より刊行いたしました。いずれも500部限定出版のため、お早目に御購入下さい。
 お申し込みはこちらで。

忠臣蔵四十七義士全名鑑 完全版
 H19年11月6日に出版されました。赤穂義士の子孫も参加し、これまで光の当てられてこなかった新人物も登場します。究極の忠臣蔵銘々伝です。詳細はこちら。(売り切れです)

・「忠臣蔵史蹟事典
 中央義士会創立100周年記念として、H20年10月に五月書房から、「忠臣蔵史蹟事典」(東京都版)を刊行しました。
 これまでにない250カ所もの都内の赤穂義士史蹟をまとめています。新発見や初公開の場所も多数あります。(売り切れです)
・「逆説の日本史(忠臣蔵版)への反論
 まず当ホームページで反論と批判をします。論陣ページをご覧下さい。
H19年7月に出版された井沢元彦氏の「逆説の日本史 文治政治と忠臣蔵の謎」は、氏の不勉強、誤解釈、誤謬に満ちています。史実をねじ曲げているこの本への正論を発表致します。

新着情報
■マスコミ情報コーナー。。。
中央義士会、忠臣蔵、赤穂義士に関するマスコミ
情報(テレビ・ラジオ・新聞等)や、取材を直接受け
た新聞記事などを随時掲載したいと思っています。


 今年度発刊する「松之廊下刃傷事件の真実」のクラウドファンディングにご協力ありがとうございました。
貴重な資金は、出版費用に使用させていただきました。

忠臣蔵史実のお話し、講演などいたします
我が会もほぼ100年の間忠臣蔵の研究・調査などをしてまいりました。これ
までに得た史実面の成果につきましては、今後も世代を超え語り継いでいか
ねばならないと考えております。
皆様の町会の事務所・学校・自治会の集まり・勉強会・養老院・バスの案内・
正式な講演など、あらゆる機会を通して史実の忠臣蔵をお話しいたします。

 ・講演料も0円から15万円まで対応できます。
 ・講演時間も30分から3時間くらいまで対応できます。
 ・交通費は実費をいただきます。

他のご要望にも対応できますので、お電話をお待ちしております。

         TEL 03-3534-0666
         FAX 03-3531-0364

NHKが大河ドラマ「元禄太平記」のビデオテープを探して
います。
NHKアーカイブスでは保存のない過去番組の発掘を集中的に実施してい
ます。忠臣蔵をテーマとした大河ドラマ「元禄太平記」(1975年放送)は全52
回放送のうち4回分と総集編2本しかNHKに保存がありません。

録画したテープをお持ちの方や情報をお持ちの方は、是非ご連絡をお願い
いたします。
詳しくは以下のホームページをご参照下さい。

NHK番組発掘プロジェクトホームページ
http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/

又は、当会へご連絡下さい。当会の連絡先は最下段に
あります。


 平成28年12月10日にテレビ朝日から放映された、中央義士会制作協力番組「古舘トーキングヒストリー忠臣蔵 吉良邸討入り完全実況」が第43回放送文化基金賞 テレビエンターテイメント番組優秀賞を受賞いたしました。

     講演・研究会などのお知らせ

 中央義士会は今年で創立110年目です。

新型コロナウィルスの影響による自粛について。
1月の新型コロナウィルスによる緊急事態宣言に伴い、月一勉強会について、自粛していましたが再開しました。

勉強会の案内
 泉岳寺において、勉強会を開始いたします。また、これと同時に月一勉強会も開催いたしますので、月一勉強会についてはしばらくお待ちください。

●第2回 忠臣蔵倶楽部
 泉岳寺において下記の勉強会を行います。参加費は無料なので皆様ご参加下さい。
1.懇談会
日時 令和3年11月7日(日) 10:00~12:00
場所 港区高輪泉岳寺 講堂
内容 今後の関連行事、ご質問など

2.大石内蔵助らの切腹地清掃 ここからの参加も可能です。
日時 令和3年11月7日(日)13:30~15:00 予定です。
場所 大石内蔵助らの切腹地に直接お集まり下さい。なお、場所の不明な方は13:15に泉岳寺入り口の大石内蔵助像の前にお集まり下さい。
切腹地の清掃を行います。

3.史蹟巡り ここからの参加も可能です。
日時 令和3年11月7日(日)15:00~17:00 予定です。
場所 大石内蔵助らの切腹地に集合下さい。
泉岳寺近辺の忠臣蔵に関係する史蹟を巡ります。


 今後のイベントの詳細はこちらをご覧下さい。

詳細はこちらをご覧下さい

 月一勉強会及び会員研究会の内容は、DVDにして販売しております。
会員の方には別途申込方法などご連絡しております。(会員限定の
サービスです)



忠臣蔵通検定試験のお知らせ
2級と3級の忠臣蔵通検定試験は自宅で受験できる方法になっております。
令和2年12月号会報に1級試験問題が掲載されていますが、本試験は中止いたします。
今年の2級の試験問題は、全国義士会連合会会報令和元年12月号に掲載しております。令和2年10月末で締め切らせていただきました。
第10回3級検定試験は令和2年10月末で締め切らせていただきました。
皆様のチャレンジをお待ちしております。
全国義士会連合会会報、NPO法人忠臣蔵倶楽部の会報はいずれも「会報のページ」からアクセスできます。
なお、中央義士会会報に1級試験問題が掲載されておりますが、受験資格は会員限定です。一般の方はご参考にご覧下さい。

なお、ご自宅での受験が可能になったことで、受験料の改定や、本などを参考にして解答ができるように致しました。皆様の受験をお待ちしております。




 *21/10/16 11月の予定を載せました。
 *21/9/10 10月の予定を載せました。
 *21/8/20 会報72号を掲載しました。
 
 *21/5/11 月一勉強会の様子を載せました。

 *21/4/12 月一勉強会の様子を載せました。
 *21/3/8 今年初めての勉強会を行いました。

 *21/2/25 イベントを延期いたしました。
 *21/2/7 緊急事態宣言延長によりイベントを延期いたします。

 *21/1/9 新型コロナによる緊急事態宣言によりイベントを延期しました。
 *20/12/16 1月の愛好会の予定を載せました。
 *20/11/30 忠臣蔵愛好会で、錦糸町近辺の忠臣蔵史蹟を巡りました。

 *20/11/14  第119回月一勉強会、忠臣蔵愛好会を行いました。
 *20/10/05 忠臣蔵愛好会と第118回月一勉強会を行いました。
 *20/09/07 第117回月一勉強会を行いました。
 *20/8/28 クラウドファンディングのお知らせ。
 *20/08/27 愛好会のお知らせを載せました。
 *20/08/03 第116回月一勉強会を行いました。
 *20/7/6 第115回月一勉強会を行いました。

 *20/6./8 第114回月一勉強会を行いました。

 *20/04/23 新型コロナウィルスによる自粛要請にともなう中止のご連絡。

 *20/04/02 4月11日18日の会は中止いたします。 
 *20/3/20 3月14日の泉岳寺の様子を載せました。

 *20/02/13 勉強会の様子を載せました。
 *20/01/30 1月26日の引き揚げコースを歩く会の様子を載せました。
 *20/01/15 令和2年の予定を載せました。
         中央義士会会報71号と全国義士会連合会
         会報第36号を載せました。
 
 *19/08/09 忠臣蔵倶楽部会報9号を載せました。
 
 *16/12/26 「俳諧忠臣蔵」を発刊しました。
 *13/11/12  「赤穂義士討入り従軍記」を刊行いたしました。
 *13/04/23 今年の忠臣蔵通検定試験の受験要項を載せました。
 *11/03/30 史実忠臣蔵のページに「松之廊下事件の原因」のページを
載せました。浅野内匠頭の刃傷事件の原因と松之廊下の検証についての史実です。
  


中央義士会 〒104-0052 東京都中央区月島 3-15-9
電話 03-3534-0666 FAX 03-3531-0364  メール chuogishikai@tokyo.email.ne.jp
「中央義士会」の名は「登録第4940020」「登録5016403」で商標登録されています。
中央義士会は今年で創立109年