■現在地■ ホーム学ぶ。史実の研究。忠臣蔵通検定

第一回忠臣蔵博士試験問題と解答(平成15年12月実施)

1.通称「堀内伝右衛門覚書」と呼ばれている史料があるが、実題は何というでしょう。
2.松之廊下事件の折の吉良上野介の礼装名は、何でしょうか。
3.内藤和泉守忠勝は家綱法要の増上寺で刃傷事件を起こし、翌日、芝西久保のお寺で切腹を命ぜられました。そのお寺の名前は?
4.一般に吉良上野介の実孫に当たる義周は、よしちかと云われていますが、諏訪家の古文書には別のルビが振られています。
  ひらがなで答えて下さい。
5.赤穂浅野家赤坂下屋敷は、幕末にある幕臣の屋敷として使われていました。誰でしょう。
6.田村家家臣菅治左衛門の娘は四十七士の一人に嫁していました。誰でしょう。
7.浅野内匠頭が切腹した田村邸には明治時代、名物の樹木がありました。何と呼ばれていたでしょう。
8.討入りを上杉家に最初に知らせた吉良家の家臣の名前を書いて下さい。
9.17才の中山安兵衛が、江戸を目差していましたが、途中真庭で学んだ剣術の流派は?
10.義士の討ち入りまで医療管理に当たった医師寺井玄達に、下男として付いてきた人の名前は?
11.「伊藤十郎太夫治行聞書覚」(通称)の原史料を保管しているのはどこでしょうか。
12.松之廊下事件の急使萱野三平の母小満の命日は?
13.吉良上野介義央(よしひさ)の「よしひさ」のルビは、事件当初書かれたある「史料」から引用しております。その史料名は?
14.下記の義士名のよみ方は?
    (1)大石内蔵助良雄(2)大高源五忠雄(3)矢頭右衛門七教兼 
15.義士・冨森助右衛門の「仮名手本忠臣蔵」での役名は?
16.義士の堀部安兵衛が赤穂浅野家に仕える以前の実名は?
17.義士貝賀称左衛門の娘は、再婚前、改名しているが、その名前は?
18.「清誉貞林法尼」は、誰の戒名と云われているでしょうか。
19.義士・寺坂吉右衛門の在藩中の主人は誰でしたか。
20.義士・寺坂吉右衛門の俳号は?
21.歩行困難という理由で脱盟した赤穂浪人は誰?
22.越後村上(現新潟県村上市)で誕生されたとする義士は誰?
23.義士中唯一の山鹿流兵法免許者は誰?
24.赤穂浪人の橋本平左衛門が討ち入りを前に心中をしましたが、大坂に出向きその後始末に奔走した義士は誰?
25.歌舞伎で云う天川屋義平のモデルとされていて、実際に義士たちを後援した商人は誰?
26.吉良邸より引き揚げて来た義士たちの人数を泉岳寺で数えた修行僧は、何という和尚さんでしょう。
27.元禄事件後、浅野大学に最初に与えられた知行地は500石で現在の千葉県内でしたが、その2ヶ村の名前は?
28.討ち入りの際、吉良左兵衛義周に傷を負わせた義士は誰?
29.松之廊下刃傷事件の際、浅野内匠頭から小さ刀をもぎ取ったのは誰?
30.大石内蔵助良雄の祖母センは、ある戦国武将の孫娘に当たります。誰の孫娘だった?

■現在地■ ホーム学ぶ。史実の研究。忠臣蔵通検定


1