ホーム
史実忠臣蔵
最近、史実の忠臣蔵(歴史学上では「元禄赤穂事件」という)も、史料に基づかず想像だけで書かれた本が出版され、面白さだけで売れている。
また、史料を使っても誤読と研究不足より、間違って理解してしまい、全体像を誤解釈している例が多い。
ここでは、多くの方々に忠臣蔵の史実を正しく理解していただくため、これまでの中央義士会の研究結果を基に、史実をわりやすくまとめたものである。
その第一弾に、「史実忠臣蔵の常識」として、よく誤解される42項目を挙げた。
第二弾として「松之廊下事件の原因」を載せた。ここには最新の研究結果である松之廊下における、浅野内匠頭、吉良上野介、梶川与与惣兵衛の位置、動線を分かりやすく図示した。

演劇の忠臣蔵を史実と思っている方には難しいかも知れませんが、史実への取っ掛かりとしてお読み下さい。
「史実忠臣蔵の常識」への入り口
史実忠臣蔵の常識
「松之廊下事件の原因」